top of page
News

News & Updates of IRPA

Science Release

IRPA-Logo.png

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

2023年2月6日

老化のコントロールセンターとして機能する視床下部の、加齢によるNAD+減少およびNAD+合成の特徴に関する新たな研究がnpj Aging誌に掲載されました。

老化のコントロールセンターとして機能する視床下部の、加齢によるNAD+減少およびNAD+合成の特徴に関する新たな研究がnpj Aging誌に掲載されました。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

IRPA-Logo.png

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

2022年07月28日

フレイル・サルコペニアが発症する新しいメカニズム
に関する研究がCell Reports誌に掲載されました。

IRPA吉岡潔志主任研究員は、国立研究開発法人国立長寿医療研究センターの伊藤尚基プロジェクトリーダーとの共同研究により、フレイル・サルコペニアが発症する新しいメカニズムを発見し、その成果をCell Reports誌に発表しました。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

ワシントン大学での研究成果

英国のサイエンス専門テレビ局で放映された、

​ワシントン大学の今井研究室からの最新研究成果です。


主な活動
 

01.

研 究

老化関連の基礎研究
臨床研究

02.

コンサルティング

医薬品、食品の評価事業

老化関連の診断法や抗加齢物質の開発

03.

プロダクティブ・エイジングの推進

健康寿命延伸のための手法や

知識の普及・啓蒙に関する事業

学術会議の開催及び運営

主な活動
bottom of page