お知らせ

IRPA代表理事今井眞一郎とIRPA研究員吉岡 潔志の総説(共著) 「抗老化医療におけるNAD⁺合成中間体 NMNと合成酵素NAMPTの可能性」が『実験医学』誌に掲載されました。

『実験医学』(増刊) Vol.40 No.7
栄養・代謝物シグナルと食品機能
転写、エピゲノムの制御から代謝性疾患の治療・予防に向けて
亀井康富/編
2022年04月20日発行
B5判 236ページ ISBN 978-4-7581-0402-9