top of page
検索
  • 執筆者の写真IRPA 事務局

弊研究機構の代表理事であり、ワシントン大学医学部の卓越教授である今井眞一郎教授は、島津製作所の研究チームとNMNおよび関連物質の生体材料における精密絶対定量方法を確立しました。


弊研究機構の代表理事であり、ワシントン大学(Washington University in St. Louis. ミズーリ州)医学部の今井眞一郎卓越教授と、島津製作所および米グループ会社SSI(Shimadzu Scientific Instruments, Inc. メリーランド州)による研究チームの共同で、質量分析技術を利用して生体に含まれるニコチンアミド・モノヌクレオチド(nicotinamide mononucleotide、以下NMN)および関連物質の精密定量を可能にする新技術「dimeLC-MS/MS」が開発されました。詳しくは以下の論文をご覧ください。


論文タイトル:Absolute quantification of nicotinamide mononucleotide in biological samples by double isotope-mediated liquid chromatography-tandem mass spectrometry (dimeLC-MS/MS)

掲載誌:npj Aging


島津製作所からのプレスリリースはこちら




最新記事

すべて表示

第4回 講演会「NMNを中心とする健康長寿社会の未来」~抗老化科学を生かした活力ある生活のビジョン~ を開催致しました。

6月3日(月)、ワシントン大学医学部(米国ミズーリ州・セントルイス)テオドール&バーサ・ブライアン卓越教授、IRPA代表理事でもある今井眞一郎教授による講演会が開催され、盛況のうちに終了致しました。 多くの方にご参加頂きました事、深く感謝申し上げます。 講演会のダイジェスト版動画は、ご共催頂きました日清ファルマ株式会社 「日清製粉グループ 公式 YouTubeチャンネル」にて公開予定となっておりま

第24回 日本抗加齢医学会総会「NAD-サーチュインアップデート」セッションにて講演を行いました

2024年5月31日(金)〜6月2日(日)、第24回 日本抗加齢医学会総会が熊本城ホールで開催されました。IRPA主任研究員の吉岡潔志は、若手プログラム「NAD-サーチュインアップデート」セッションにおいて、「ヒト血漿由来eNAMPT-EVs によるNAD+ boosting とその生理作用」との演題にて講演を行いました。

Opmerkingen


bottom of page