top of page
検索
  • 執筆者の写真IRPA 事務局

代表理事の今井眞一郎は、株式会社ナガセ主催:「トップリーダーと学ぶワークショップ」に登壇。「国際的なリーダーとして起つ。老化と寿命のメカニズムを求めて」と題したワークショップの講師を務めました。

当ワークショップは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」を教育理念として掲げ、東進ハイスクールや四谷大塚などを運営する株式会社ナガセが、中高生を対象に、各界をリードする著名人を講師として招いて、生徒たち自らが一層高い視点で何のために努力するのか、どのように生きるのかを考える機会を提供するものです。

将来の日本、世界をリードする次世代のリーダー育成にIRPAとして代表理事 今井眞一郎も貢献させて頂きました。






最新記事

すべて表示

IRPA代表理事、今井眞一郎 ワシントン大学医学部テオドール&バーサ・ブライアン卓越教授(環境医学)の講演会ダイジェスト版動画がYouTubeにて公開されました。

2023年12月4日(月)、日清ファルマ株式会社、三井住友信託銀行、一般社団法人プロダクティブ・エイジング研究機構(IRPA)、一般社団法人日本医療国際化機構の共催により、 IRPA代表理事 、今井眞一郎 ワシントン大学医学部テオドール&バーサ・ブライアン卓越教授(環境医学)の講演会が開催されました。 講演会のダイジェスト版動画は、日清ファルマ株式会社 「日清製粉グループ 公式YouTubeチャン

弊研究機構の代表理事であり、ワシントン大学医学部の卓越教授である今井眞一郎教授は、島津製作所の研究チームとNMNおよび関連物質の生体材料における精密絶対定量方法を確立しました。

弊研究機構の代表理事であり、ワシントン大学(Washington University in St. Louis. ミズーリ州)医学部の今井眞一郎卓越教授と、島津製作所および米グループ会社SSI(Shimadzu Scientific Instruments, Inc. メリーランド州)による研究チームの共同で、質量分析技術を利用して生体に含まれるニコチンアミド・モノヌクレオチド(nicotina

【講演会のご報告】第3回 講演会「NMNを中心とする健康長寿社会の未来」~臓器間コミュニケーションを高めて健康長寿を実現する~を開催致しました。

12月4日(月)、ワシントン大学医学部(米国ミズーリ州・セントルイス)テオドール&バーサ・ブライアン卓越教授、IRPA代表理事でもある今井眞一郎教授による講演会が開催され、盛況のうちに終了致しました。 多くの方にご参加頂きました事、深く感謝申し上げます。 当日の講演会ダイジェスト版動画は、ご共催頂きました日清ファルマ株式会社 「日清製粉グループ 公式 YouTubeチャンネル」にて公開予定となって

bottom of page